中京医薬品・会長のブログ

山田正行
※旧・社長のブログ
思うままに No.283

   

※エッセー「思うままに」より 〜毎月更新〜

 

 自信というものは微妙なもので、ちょっとしたことで持てたかと思うと、またちょっとしたことで失くす。これをくり返しながら徐々に自信は固まり強くなっていく。自信をもつことは成功の扉を開く秘訣を得たのも同然だ。人はいったんこれをもち始めると思いもよらない力を発揮する。ひとつの自信がまたひとつの自信を生み、連鎖、蓄積されていく。

 

 そうしてより高みに向って挑戦心が湧いてきて、面白いように人は実力をつけ、さらに伸びていく。こういう人たちはどこの世界も同じで自己に忠実でなすべきことを愚直にやり続ける人たちだ。自信が高じて信念となり諦めや言い訳がいかに無益で大敵になることをよく分っている人たちだ。

 

 ただ自信は凄い力をもつが、その反面、過信、慢心の落し穴には常に留意をしておかなければならない。その主因は周りへの配慮や感謝の念が欠如するときに起こる。

 

 さて自信とは読んで字の如く、自分を信じると書く。先ず誰よりも先に自分を信じることから自信は生れる。自分を信じるとはどういうことか。それは自分がいま懸命にする努力が、先々必ず成果につながるものと信じて疑わないことを言う。

 

 世の中のことすべて信頼で成り立つ。これを築くには誠実と時間を要する。そこでだ。人様から信頼を得たいと思う前に、せめて自分が自分にした約束を果して、内なる自分の信頼を得るよう努めることだ。それがひいては周りからの信頼を厚くする。自分が自分を信じないで、誰が自分を信じてくれるというのか。やるべきことはすべてやった。もうこれ以上やれることはないと、この一生懸命が自信を生み人の心を打つ。

 

 自信をつくるべく努力を促し駆り立てるものが志や勇気、希望だ。これらの言葉は因果で繋がり自信へと一直線に連なる。自信の連鎖は自ずと確信へと変わっていく。

 

 ところで何をやってもうまくいかない気の毒な人がいる。この人たちに共通するのは、やる前から自分には到底できないものと決めつけ諦める人たちだ。肝心の努力や準備を疎かにする。これって虫がよすぎはしないか。自分に甘いからといって人や世の中を甘くみてはいけない。

 

 かなりレベルが高いが<駿足長阪を思う>という言葉がある。良い馬は長い坂道があればよいと思う。平易よりも困難を望む。その方が必ず自分の為になると考え、臆せず、それに向って懸命の努力が確たる自信につながることを確信しているからだ。

カテゴリー:エッセー「思うままに」
思うままに No.282

   

※エッセー「思うままに」より 〜毎月更新〜

 

 人を育てるというのは簡単なことではないが、その立場にある人には、大事な使命のひとつだ。それを果すためになすべきことは向上心をもって先ず自らが自らを育てんとする意志と勉励が求められる。

 

 人を育てる基本は言うまでもなく相互の信頼が要る。その上で褒める叱るの二つの言葉が有効に働く。褒める叱るは反対語ではない。二つの言葉にはそのもつ意味が相互に含まれている。褒めの中に叱りがあり、叱りのなかに褒めがある。二つの言葉は同意語のようなものだ。いま、自分の来し方を振り返るに褒められたことよりも叱られたことのほうがはるかによく覚えている。

 

 褒められることは気分のよいことに違いはないが、場合によってはかえって気色の悪いこともある。褒め殺しや、見え見えのお世辞など。タイミングとポイントがずれると逆効果になる。きつい叱りほど骨身にしみる。その時は浅はかにもこんちくしょうと敵愾心さえもつこともあったがいま思えば愚かで恥ずかしい限りだ。このこんちくしょうを人に向けているようではダメで、自分に向けなければならない。あの時あの人の叱責があったからこそ、今の自分があると改めて有り難く思うところだ。

 

 褒めるは甘言、叱るは苦言。甘言には首を傾け、苦言には耳を傾けることだ。叱ってくれる人こそ大切な人だ。誰が好き好んで叱ってくれるか。少しは叱ってくれる人の気持をくめるぐらいの率直さをもてるといい。褒めに褒められて育った人はどことなく温室育ち風でちょっとしたことで萎える。一方風雪のごとく厳しさの中で叱られながら育てられた人は強く逞しい。だからこそ人の辛さや痛みが自分のことのように分る。そのもつ優しさは本物だ。優しさと甘さは全く違う。

 

 イソップ物語に太陽と北風のどちらが旅人の着るマントを脱がせることができるかを競い合い、太陽の勝ちとなる。ところが時と場合によっては北風が勝つこともある。要は太陽と北風、優しさと厳しさの両方を混ぜ合わせながら上手く使い分けることが効果的だ。

 

 <人を見て法を説け>で人は十人十色、十通りの説き方がある。人前で叱って効果がある人、陰で叱ったほうがいい人、ストレートに言ったほうがいい人、柔らかく包みこむように諭したほうがいい人等々。思いを込め、タイミングを見計らい、適切な言葉を選ぶ。そうして共に泣き、共に笑える共感の関係ができたらベストだ。叱られ下手はだんだんと相手にされなくなり、しまいには無視される。叱られ上手は率直で前向きにとらえるから、多くの人から気にかけてもらえる。そうして頂く有り難い助言、苦言をものにして、ますます立派に育って行く。

カテゴリー:エッセー「思うままに」
思うままに No.281

   

※エッセー「思うままに」より 〜毎月更新〜

 

 貴景勝関がついに大関の座を射止めた。いよいよ綱に一歩近づいた。あまたの大型力士がひしめく中で小兵力士の快挙には胸がすく。血の滲むような稽古で磨きつくり上げた突き押しの能力を最大の武器にする。そのなせる所以は小兵だからだ。明らかに体格で劣るハンディキャップを見事に強みにかえそれをバネにして闘うところが相撲ファンを魅了してやまない。突き押しにこだわるのは自分の身体の特徴を最大限に活かすために考えに考え抜いたところの戦略だ。

 

 どこの世界も上へと登りつめていく人に共通して言えるのは並々ならぬ覚悟とたゆまない工夫と努力、そして感謝の念が深い。弱冠22歳というのに武道の精神を重んじるとの口上にはもはや求道者の風格さえ漂う。他の力士も是非見習って欲しいものだ。小学三年生から相撲を始めるが驚くことにその頃の作文に横綱になるという決意のほどが書かれていると聞く。これからの角界を背負い高みへと引っぱっていくものと大いに期待したい。

 

 さて能力は持っているだけでは全く価値はない。宝のもち腐れだ。能力は発揮してこそ価値がある。能力もいろいろだが、そのうちで最高の能力は何か、やはり努力に勝る能力はない。この偉大な力はありとあらゆるところで発揮され通用していく。努力とは頑張る自分を信じて、自分を裏切らない、自分を見捨てない。自分を諦めないことを意味する。自分で決めたことは何があろうがやり続ける。やり抜く覚悟をもってこそでき得るものだ。

 

 どうしてあの人はあんなにうまくできるのだろうか、運がいいから、恵まれているからなどと人は訳も分らず評論するが、ほんとうのところは人の目につかないところで、もの凄い努力を重ねているのだ。運でさえも努力によって自分の味方につけてしまう。

 

 <ただ見れば何の苦もなき水鳥の足にひまなき我が思いかな>一見のんびりと気持ちよさそうに遊泳する水鳥は目に見えない水面下ではせわしく足で水を掻いているのだ。血の滲むような努力、誰にも負けない努力は凡人にはおいそれとできる芸当ではないが、そこまでいかなくても少し緩めれば誰でもできそうな方法がある。<もうちょっと>の法則だ。

 

 その昔アラスカはユーコン河のゴールドラッシュの時代、金鉱の採掘者が一攫千金を夢見て、穴を掘り続けるのだが、苦労の甲斐なく途中で諦める。その後、そこへ他者がやって来て、ほんのちょっとスコップを入れたところついに金脈に当る。それを伝え聞いた前者はじだんだを踏んで悔しがる。<もうちょっと>掘り続けていたらなあと。

カテゴリー:エッセー「思うままに」
プロフィール
カテゴリー
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
最新記事
QRコード(モバイル)
qrcode
リンク
ARCHIVES