思うままに No.269

   

※エッセー「思うままに」より 〜毎月更新〜

 

 健康寿命が延びていよいよ人生100年の時代の到来だ。ますます高まる健康志向や予防医学、医療の進歩によるところが大きい。この頃の60歳は昔の40歳で元気ハツラツ、実に若々しい。齢を重ねていくたびに若い時以上に生きがいややりがいをもつことが人生をおくる上でいかに大切なことかと考えている。それ故にさらにコクのある人生にできる。生きがいもやりがいも人に言われてもつものでもないし、人に代ってやってもらうものでもない。

 

 自ら希望し自主的にもつものだが、どういう訳か、もてない理由に環境や条件が合わない、整わないからとへ理屈をこねたり、人から与えられるものだと勘違いも甚だしい輩もいる。それも年配者よりも若者に多いような気がする。心配なことだ。人生これから先が長いというのに、さして夢もなければ目標もなく、なんとなく無為な日々をやり過ごす。覇気がなく受身で依存心が強い。また感謝の気持も薄いようだ。生きがいの意味ぐらいは知っているのだろうが、それをもてないのは周りのせいだ、社会が悪いからだと他のせいにしたがる、もったいない人生をおくる。

 

 ついでのことだが、日々おぞましい事件が後を絶たないが、犯罪者は共通して職にも就かず、身勝手で依存心が心の内に巣くっているのではないかと思う。他のせいにすることは許されるものではない。何だろうがかんだろうが犯した張本人が悪なのだ。にもかかわらず非道な事件が起きたのは少なからず社会の責任などと心ないご託を並べ、またそれに迎合するような風潮が危うい。また罪を償うにおしなべて加害者に甘く被害者のことを思うと胸が痛む。

 

 さて人生には生きがいはまさに生きていく命の証だ。それがないと萎える。実りある人生にするためには、生きがいとは即ち目標、希望をもつことだ。そこに日々の充実感を得ると共に、何よりもその向こうに喜んでくれる人の顔を見ることができる。

 

 加えて生きがいは自分のことよりもむしろ他に対してのほうが熱意も大きくなる。自分のことだと、まあいいかと途中で投げ出したり、手を抜いたりしがちだが他のためにということになるといっそう思いの力も強まる。大抵の人は日頃より何か生きがいはないかと探し求めるが、その一方できることなら苦労をしたくない、平穏無事で過ごしたいと考える。

 

 そもそも生きがいはそれ相当の苦労をしてカベを乗り越えていくときに実感する。ところがだ、いざカベに突き当ると、いとも簡単に意趣返して逃げ出す輩に限ってどこかに手軽な生きがいはないものかとあてのない、ないもの探しをするところが滑稽で哀れに映る。

カテゴリー:エッセー「思うままに」
思うままに No.268

   

※エッセー「思うままに」より 〜毎月更新〜

 

 これまで人類は数々の発明発見をして進化、発達してきたが、文明文化の歴史上では最大の創造的なイノベーションは言語ではないだろうか。これほど多種多様な言語をつくり駆使できる能力は何億兆の生物の中で唯一人類だけがもつ。

 

 言葉は心を映し出す鏡だ。心の様相から発する精神作業だ。また<文は人なり>と言われるように、<言も人なり>だ。文は記録として残るが言も記憶として刻まれる。そして文責があるように言責もある。

 

 <丸いたまごも切りようで四角、ものも言いようで角がたつ>で、言葉は使い方ひとつでいかようにもなる。それを発する人と受け取る人との間には様々に微妙な感情と憶測が入り混じるが故に、いかに心を配ってうまく伝わるかどうかだ。それは能弁や訥弁といった技術的なレベルの問題ではなく全人に関わるものだ。とりわけ直言、諫言は必要なことであるが慎重にしなければならない。よく状況や経緯を観て相手の心情をおもんばかりながらどう伝えるか。

 

 後になってそんなつもりで言ったのではないと釈明しても、受けとりかたが間違えればとり返しのつかないことが起る。よかれと思い親身になって言ったことが仇になる。それは相互の信頼関係の度合いにもよるし、同じ言葉でも誰が言ったかによっても異なる。

 

 こんな話がある。

 

 「バラモンがお釈迦さまに汚くののしりましたが、お釈迦さまは顔色ひとつ変えず黙って聞いておられました。やがてバラモンに言いたい放題の悪口雑言を終らせてから、お釈迦さまはこうおっしゃいました。『あなたが他人に何かを差し上げようとしましょう。そのときその人が不要と考えそれをいただいてくれなかったとしたらその物は誰のものになりますか』と尋ねられました。するとバラモンは『それは当たり前のこと、これはもともと俺の物さ、そのまま持って帰るわい』と答えました。するとお釈迦さまは『いまあなたは私をののしりましたが、私はそれを受け取りませんので、そのままそっくりあなたに返します。ということは、あなたはあなたご自身をののしったことになりますね』と諭すように話されました。」

 

 他人に発した言葉はこだまのように自分に返ってくる。どうせ使うなら他人にも自分にもいい言葉を使おう。

カテゴリー:エッセー「思うままに」
思うままに No.267

   

※エッセー「思うままに」より 〜毎月更新〜

 

 少子高齢化社会にあってシニアマーケットは着実にその存在を増し消費も堅調だ。富裕層といわれる大部分はこのシニアが占める。この層は商品、サービス、接客に関する思いや、長年の経験による人や物に対する目利き力は若い人と比べて格段に高い。一時の流行を追わず、無駄遣いをせず、自分にとってほんとうに必要なものには金を惜しまない賢明で堅実な消費者だ。

 

 この人々のほとんどは物質面ではさして不自由もなく、大抵の物はもつが、精神面ではこだわりや充実感を重視する。とりわけ健康に関しては極めて強い関心とそれをとり入れる貪欲さを持ち合わせている。

 

 いまこのシニア層は健康寿命も伸び予備軍を含め増加の一途を辿るところで当社のお客様の大半はシニア層だ。この格別なご愛顧とご支援のおかげで成り立っているといっても過言ではない大切な大切なお客様だ。極めてロイヤリティーが高く、心と心のつながりや心配りをもっとも大事にする。

 

 それだけにその信頼と期待には心して応えていかなければならない、そして同時にこのお客様を多く有することが外からはどれほど垂涎の的として恵まれているかを改めて有り難く思う。したがってこの大財産である顧客基盤を継続して固定客にもつ強みをいかに活かしお役に立てるかが成長戦略において不可欠となる。

 

 顧客起点によるマーケティング、商品、営業開発を推し進めてさらに深耕して末長くご愛顧とご支援を頂けるようにしなければならない。デジタル社会にあっては便利さや安直さと引き換えに無機質さや無気味さが常に伴うが、それ故に近頃はますますアナログのもつ確かさ、良さ、安定感が求められている。

 

 デジタルはふれあいや情愛においては永遠にアナログにはかなわない。AIがどんなに進化発展しようとも人間の心の働きやその機微には到底追いつかない。

 

 ドラッカーは「経営の最高のノウハウは顧客とのリレーションづくり」と説く。このリレーションの最たるものはふれあいにある。お互いに顔が見える安心感、心が通い合う親密感によってよき人間関係が築かれるのだと。

 

 これからはお客様が来るのを待つ集客よりも、こちらから能動的にお客様のもとに訪れる訪販の優位性はますます高くなる。また必要な時必要な分だけ利用できる車、衣服、機械等々のシェアやレンタルのように所有から利用活用の時代に様々なものが移行している。翻ってこのことを配置業は三百五十年前より先用後利の理念のもとに全国津々浦々、今日まで継承し信頼とご愛顧を頂いてきたのだ。

 

 改めて配置薬のビジネスの仕組みと草の根の強さ、素晴らしさを痛感する。

カテゴリー:エッセー「思うままに」
思うままに No.266

   

※エッセー「思うままに」より 〜毎月更新〜

 

 戌年につき、犬についてなるほどを紹介しておく。犬は嗅覚40%、聴覚30%、視覚10%、主にこの三つを用いて情報を認識する。嗅覚は人間の百万倍、好きなにおいは生ゴミ、汗など人間が不快に感じるようなにおいが大好きで、酢、唐辛子、タバコ、アルコール、香水などの人工的なにおいは苦手。聴覚は人間の4〜10倍で突然の大きな音や高音はストレスになる。視力は0.2〜0.3で色も青、黄、紫以外は黒、白、グレーといった色の濃淡しか判別できない。ピントを合わせるのが苦手なので、目の前30センチほどはぼんやりとする。ただ動体視力は非常に優れ、視野も250度。味覚は味よりもにおいで判断する。嗜好の順番は、におい→歯ざわり→温度→味で、味は甘味、塩味、酸味、苦味は感じるが旨味は感じとれない。

 

 はるか大昔より犬は人間にとって、もっとも古く、この上ないパートナーだ。正直者で決してウソをつかない。愛すべき家族の一員だ。

 

 ところでウソをつくには相当のエネルギーが要る。一つのウソをつき通すためには他に百のウソを工夫し、加工しなければならない。記憶には限界があるので、そのうちについたウソを忘れてつじつまが合わなくなる。四六時中バレはしないかと不安や恐れにおそわれ精神的な苦痛はきつい。またバレた日には取り返しのつかない事態に陥る。

 

 ウソは苦だが、正直は楽だ。つまらないこと、ろくでもないことに心が振り廻されなくて済む。そして何よりも大事なことは信用信頼を得られる。正直は正直でもバカ正直となれば正直の極み。これに優る賢い生き方はないのではないかと思う。

こんな話がある。

 

 営業マンであったA君が売上代金30万円ほど横領し解雇された。ウソを隠すために伝票を改ざんする。ちょっとした出来心からはじまり、回を重ねるたびにことの善悪の判断がまひし、エスカレートしていく。と同時に見つかりはしないかとビクビク、ピリピリ。重ねるウソの報告でいつか上司や事務方に問いただされるのではないか、お客さまから何か聞かされるのではないか、妻や子になんと言い訳したらいいのかと、あれこれが心中を巡る。後悔先に立たずで何故にこんな愚かなことをしてしまったのかと。

 

 その結果、周りの人たちや家族に迷惑をかけ軽蔑と屈辱を受けることになる。この愚行によって誰よりも心の痛手を負ったのはA君自身だ。自業自得と言えばそれまでだが、A君はこの先相当のハンディーを背負うことになる。ことと次第によってはウソが高じて犯罪に至る。これ何とも割には合わない。

 

 我々の大の友達である犬には正直さにおいて人間は到底かなわない。ウソをつかない健気で忠実なお犬さまに今一度学び改めて敬意を表したい。

カテゴリー:エッセー「思うままに」
思うままに No.265

   

※エッセー「思うままに」より 〜毎月更新〜

 

 明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

 

 初詣での心得を宮司さんから聞いた。「本来は神様にお願いするものではなく、いまこうして、神前で手を合わせることができることに有り難く感謝することです。他に力を頼むものではなく、自助努力をして運を開いていくことを神様に誓うことです。神頼みではなく、あくまでも自分頼みなのです」と。

 

 <1年の計は元旦にあり> 気分を新たにして、目標を具体的に設定して共に頑張っていきましょう。皆で力を合わせていい年にしましょう。

 

 こんな実験がある。高さ2メートルのバーを簡単にクリアする走り高跳びの選手に、今度はバーを設置せずに跳ばせてみたらどうなるか。何度ともなくトライをするが、とうとう一度たりとも2メートルの高さを跳ぶことができなかったのだ。このことはどんなに優れた能力を有していても、人間は具体的な目標をもたないとそれを十分に発揮することができないということだ。目標をもつということは能力を高め伸ばしてくれる力を得ることである。この力を得て使わない手はない。使えば使うほどに眠れる他の能力も連動してよみがえる。

 

 さて様々な不祥事や悔みごとの原因を考えてみるに、その共通点はすべて自己中心、身勝手な思いから起る。ひと呼吸を入れて心の余裕をもてば、ちょっと待てよと自分の良心に問いかけていたなら、目先や部分ではなく全体や大局を考えていたなら。もう少し相手のことを思いやれば防げたであろうことが多々あるように思う。そんなことをつらつらと思っている矢先にひろさちやさんのいい話に出会った。

 

 その昔、ある村に盲目のお坊さんがいました。ある時檀家に行きその家の主人と話がはずみ気がついたら夜になっていました。お坊さんは「それではこれで」と帰り支度をすると主人は「夜道は暗いのでこの提灯をお持ちください」と言って提灯を差し出しました。それを聞いたお坊さんは「なにをおっしゃるのですか、私の目の見えないことはご存じでしょう、提灯は必要ありません」と。

 

 「いえいえお坊さん、目の不自由なことは先刻承知しております。でもこの提灯をもっておれば、夜道ですれ違う相手が、お坊さんにぶつかることがなくなります」と主人。「これは大変心ないことを申し上げました。仏に仕える身でありながら誠に恥かしい限りです。どうかご容赦ください」と。

 

 お坊さんは自分のことしか考えていなかったこと、せっかくのお心配りに応えられなかったことに詫びながら有り難く提灯を受け取り夜道を帰りました。

カテゴリー:エッセー「思うままに」
アクセスカウンター
アクセスカウンター
プロフィール
カテゴリー
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
最新記事
QRコード(モバイル)
qrcode
リンク
ARCHIVES