思うままに No.281

   

※エッセー「思うままに」より 〜毎月更新〜

 

 貴景勝関がついに大関の座を射止めた。いよいよ綱に一歩近づいた。あまたの大型力士がひしめく中で小兵力士の快挙には胸がすく。血の滲むような稽古で磨きつくり上げた突き押しの能力を最大の武器にする。そのなせる所以は小兵だからだ。明らかに体格で劣るハンディキャップを見事に強みにかえそれをバネにして闘うところが相撲ファンを魅了してやまない。突き押しにこだわるのは自分の身体の特徴を最大限に活かすために考えに考え抜いたところの戦略だ。

 

 どこの世界も上へと登りつめていく人に共通して言えるのは並々ならぬ覚悟とたゆまない工夫と努力、そして感謝の念が深い。弱冠22歳というのに武道の精神を重んじるとの口上にはもはや求道者の風格さえ漂う。他の力士も是非見習って欲しいものだ。小学三年生から相撲を始めるが驚くことにその頃の作文に横綱になるという決意のほどが書かれていると聞く。これからの角界を背負い高みへと引っぱっていくものと大いに期待したい。

 

 さて能力は持っているだけでは全く価値はない。宝のもち腐れだ。能力は発揮してこそ価値がある。能力もいろいろだが、そのうちで最高の能力は何か、やはり努力に勝る能力はない。この偉大な力はありとあらゆるところで発揮され通用していく。努力とは頑張る自分を信じて、自分を裏切らない、自分を見捨てない。自分を諦めないことを意味する。自分で決めたことは何があろうがやり続ける。やり抜く覚悟をもってこそでき得るものだ。

 

 どうしてあの人はあんなにうまくできるのだろうか、運がいいから、恵まれているからなどと人は訳も分らず評論するが、ほんとうのところは人の目につかないところで、もの凄い努力を重ねているのだ。運でさえも努力によって自分の味方につけてしまう。

 

 <ただ見れば何の苦もなき水鳥の足にひまなき我が思いかな>一見のんびりと気持ちよさそうに遊泳する水鳥は目に見えない水面下ではせわしく足で水を掻いているのだ。血の滲むような努力、誰にも負けない努力は凡人にはおいそれとできる芸当ではないが、そこまでいかなくても少し緩めれば誰でもできそうな方法がある。<もうちょっと>の法則だ。

 

 その昔アラスカはユーコン河のゴールドラッシュの時代、金鉱の採掘者が一攫千金を夢見て、穴を掘り続けるのだが、苦労の甲斐なく途中で諦める。その後、そこへ他者がやって来て、ほんのちょっとスコップを入れたところついに金脈に当る。それを伝え聞いた前者はじだんだを踏んで悔しがる。<もうちょっと>掘り続けていたらなあと。

カテゴリー:エッセー「思うままに」
思うままに No.280

   

※エッセー「思うままに」より 〜毎月更新〜

 

 スマホがあちこちを我がもの顔で闊歩している。今や子供から大人までスマホを持たざるものはいないぐらいもの凄い勢いだ。また依存症や中毒症状まで引き起すスマホ病、その感染力もすさまじい。電車内などでは決って異様な光景にあう。皆が申し合わせたようにシーンと静寂の空気が漂う。

 

 おおよそ八割がたはスマホに顔を埋める。専ら自分の世界に浸り、無言の行、せわしく器用に指を動かす作業には様々な表情を見せる。こう言っては何だが、読書をする少数派の人が賢そうに見えてくる。駅の階段の上り下りのとき等、スマホ操作しながらの歩行は順列を乱す。後続がつかえて迷惑なことこの上ない。そんなに緊急なことでもあるのか。横から顔をのぞいてみると揃いも揃ってあほ面だ。何でだと少しは周りのことを考えよ、ちゃんと歩けよと。

 

 この間も車を運転中、信号無視して横断歩道を渡る、スマホ片手の若者を危うく轢きそうになった。幸いにもうまくよけることができた。大事に至らなくてホッと胸をなで下ろしたところだが、同時に腹の底からグワーッとどうしようもない怒りがこみ上げてきた。腹の虫がおさまらず、とっさに窓を開けてどなりつけたところだが、当人はスマホに夢中で当方の罵声が聞こえたのか、聞こえなかったのか何ごともなかったように去っていった。

 

 日々のニュースで自動車、自転車、歩行者のながらスマホが原因で痛ましい事故が絶えない。ここまでくると犯罪か公害か。歩きタバコも罰金を科すご時世だ。ながらスマホにも何らかのペナルティーをとったら少しは減ると思うのだが。

 

 誤解のないように断っておくが、スマホそのものを悪もの扱いにする気は毛頭ない。スマホの進化はとどまることを知らず、日常生活には欠かせない、極めて優れて有用な道具だ。要は使い方が問題だ。それが度をはずれると危険極まりない道具であることを承知しておかないといけない。

 

 この頃は、小中学校で子供たちにスマホを持たせていいか、否かの議論がされている。どちらの言い分にも一理はあるが、様々なことを思案するとやはり持たせるべきではない。便利は益や効をもたらすが一方では仇や罪をつくる。また心を痛めるいじめの誘発や学業にもさし障りが多々懸念されるところだ。

 

 そこでこう思う。運転免許証の取得時と同じように、スマホの購入時には使い方のマナー講習を義務化したらどうか。スマホが引き起す弊害を看過するわけにはいかない。

カテゴリー:エッセー「思うままに」
思うままに No.279

   

※エッセー「思うままに」より 〜毎月更新〜

 

 

 梅は咲いたか桜はまだか爛漫の春も近い。みずみずしい生命が息吹く春は自然界のみならず人にとっても出発には最も適わしい季節だ。その出発のキーワードは挑戦の二文字がどんな言葉よりも似つかわしい。生きとし生けるものいかなる環境下にあろうとも生き抜くためには戦いは避けては通れない。

 

 挑戦とは戦いに挑むものの覚悟を言う。挑戦は限りない可能性を広げ新たな価値と知恵を生み戦いを有利にする。挑戦なくして進歩、発展も感動、歓喜もなしだ。

 

 さて次代を担うリーダーの心得としてかのピーター・F・ドラッカーが分かり易く次のように説いている。

 

「私が出会った有能なリーダーは皆、次のようなことを心得ていました。リーダーとはその人に従う人がいること。思索家も提唱者もいずれの役割も大変重要で必要ではありますが、従う人がいなければリーダーもいらないでしょう。有能なリーダーは必ずしも人気者とは限りません。人気者とリーダーシップを一緒にしてはいけません。肝心なことはすべて結果がものを言います。リーダーは常に見られています。ですから規範を示さなければなりません。リーダーシップとは、階級、特権、役職、金銭のことを指すのではありません。責任のことを言います。性格、風采、能力、興味の如何に拘らず、私が出会った有能なリーダーは皆次のように振る舞っていました。まず最初に「何をしたいか」ではなく、『何をしなければならないのか』を考えます。次に『人に差をつけるために何ができるか』を考えます。人間の多様性に関しては寛容で金太郎飴のような人材は求めません。単に好きか嫌いかといった次元で人を判断しません。しかし部下の実績、自己評価の基準や価値観、善悪といったものに関してはいささかも妥協は許しません。『鏡テスト』で自分を試してみます。朝鏡の中に映った人物が本当になりたい人かどうか、尊敬され信頼されるに足る人かどうかを確認するのです。 有能なリーダーはこのような方法で正しいことよりも、人の受けがよいことをしたり、つまらなくて浅ましくて安っぽい行動をするような誘惑に負けないように常に自分を鍛えるのです。」

 

 この話はリーダーだけに限ったことではない。志をもつ人、高みを目指す人、どんな立場の人であれ当てはめることができる。

カテゴリー:エッセー「思うままに」
思うままに No.278

   

※エッセー「思うままに」より 〜毎月更新〜

 

 

 寒風に震える木々が赤茶色の芽をぽつんと出して、いまかいまかと希望の春を待ち焦がれている。彩りが寂しいこの時季にあってひときわ紫陽花の葉が紅葉して鮮やかだ。冷え込むほどにその色を深める。

 

 時の経つのも速いもので、ついこの間元旦を迎えたと思ったらもう二月。二度と戻ることのない刻み行く時の大切さを思う。今日があることに感謝しつつ与えられた一日一日を悔いのないように、少しでも恩に報いられるように、役に立てられるようにしなければと思うことしきりだ。

 

 いよいよ余すところ一年、東京五輪が近づいてきた。何と言っても五輪の花形はマラソン競技につきる。日本選手の活躍がもっとも望まれるところだ。その代表選手は昨年日本新記録を出した大迫傑だ。各大会などで彼の走りぶりを観ていると、ますます期待感が募る。

 

 そう思っている矢先に彼の記事が目にとび込んできた。<根性>をキーワードに掲げて五輪に挑むという決意のコメント。昨今の風潮として根性論は過去の遺物、古臭い考え方だと敬遠されがちだが臆することなく敢えて発する彼の言葉には我が意を得たりだ。核心をついた決意のこの言葉こそ戦いに挑む者には絶対条件だということを改めて教示してくれた。

 

 根性とは何があろうが決意したことをやり続けやり抜く心、またカベに突き当れば<何クソ>の精神をいう。目標に向うとき心の根がしっかりと根を張ってこそそれに連なって技も体も向上する。

 

 彼言わく、「昭和は日本人の良さを出せた時代、それが消えたのは平成。根性、辛抱強さといった日本人らしさを忘れて、変に海外志向になった。最近の子は練習であまり走らない。」、「マラソンはハードな練習をして頑張る数値を上げないと成長しない。僕はそこに気づけた。」、「外国人と比べて日本人の方が根性の絶対的価値や限界値は高いと思う。東京五輪がモチベーション。世界との差が縮まるかは僕らの努力次第。僕が気づいたことを意識していけばもっと日本人は強くなる。」と。

 

 当り前のことに気づきぶれることなく当り前のようにやり続ける愚直さ。何が大事で何をしなければならないかをドスンと肝の底まで落し込む。気の早いことだがいまから東京五輪のマラソンに思いを巡らせると表彰台の真ん中に立つ雄々しい彼の勇姿が目に浮かんできそうだ。

 

 <温故知新>根性のもつ偉大な力を再認識しよう。アスリートに限らずどの世界にあっても同じこと。進歩向上においては多種多様にわたる技術や仕組だろうが、また理論理屈だろうが絶対条件の<根性>を抜きにして物事の成就はない。

カテゴリー:エッセー「思うままに」
思うままに No.277

   

※エッセー「思うままに」より 〜毎月更新〜

 

 明けましておめでとうございます。健康第一、いい年にできますように。

 

 おかげさまで本年は70周年を迎える。創業して10年存続できる企業は5%にも満たないと言われる時代にあってよくぞここまで続けて来られたものだと改めてお客様、従業員の皆さんをはじめ支えて下さる多くの方々に感謝したい。

 

 70周年を期して本年こそは昨年できなかったこと、やらなかったことを顧み、意をもって実行する年にしましょう。それとも来年に先延ばしにしますか。<一年の計は元旦にあり>だが、たまには一生の計として来し方、行く末を見直してみることも必要だ。

 

 常々思う。いままでもこれからも同様、一生は闘いの連続だ。その相手は他人ではなく相も変らず自分だ。「これくらいのことで負けてたまるか」と、「努力せんどいて何がうまくいくか」、「一生懸命やるで人様が助けてくれるのだ」そして「人助けてこそ自分も助かるのだ」と。

 

 「簡単に白旗をあげるな、男がすたるわ」、「人から同情されても自分に同情するな、そこからは甘えしか生まれん」と、事あるたびに自分を叱咤激励してきたところだ。そもそも人間は弱いものだ。タガがゆるむと直ぐさま易きに流され落ちていく。だからこそここぞというときには落ち着いて自分をよく見つめ、自分によく言いきかせる自分が要るのだ。

 

 さて人生100年の時代が来た。きんさんぎんさんだったか70歳は若者だと、そう言われるとそうだ。その気になると何となく若やいで力も湧いてくる。

 

 老化は退化ではなく進化だ。そこには来し方いろいろと蓄積してきた貴重な経験と知恵を活かして埋もれる潜在能力を掘り起していくことで、さらなる進化が図られる。この進化の源は好奇心だ。若いときには気づかなかったこと、あるいは無意味なものと思っていたことが齢を重ねるにつれて思いも寄らない新しい価値の発見がある。

 

 いくつになっても生き方如何で、考え方ひとつで人生は面白くも、楽しくもできる。要は人生は自前だ。自分次第でどうにでも変われる。目は衰えても若いときよりもずっと目利きは確かになり心眼も深くなる。歯の具合がよくなければ代替の道具で用は足せる。かえってゆっくり咀嚼(そしゃく)するのでものの味がよく分るようになる。耳は遠くなることから人の話は集中して聴くようになるので、よく思索をめぐらすことができる。顔のしわは人生の風雪を堪えて乗り越えてきた誇り高い証しだ。それよりも精神のしわのばしに意をおくことだ。

 

 格好いい眩しげなロマンスグレーをわざわざ何故に染めるのかもったいない。何と言っても自然体のほうが心にも体にもやさしくてバランスがとれていい。また肉体は衰えても精神はさにあらずだ。

カテゴリー:エッセー「思うままに」
アクセスカウンター
アクセスカウンター
プロフィール
カテゴリー
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
最新記事
QRコード(モバイル)
qrcode
リンク
ARCHIVES