思うままに No.256

   

※エッセー「思うままに」より 〜毎月更新〜

 

 何と言おうか神の仕組んだシナリオなのか、稀勢の里関が春場所にて神がかり的に優勝の賜杯を手中にした。感動感激感涙がうず巻く会場は鳴り止まない割れんばかりの大拍手、横綱の男泣きに皆ももらい泣き。

 

 「泣かないでおこうと決めていたのに、すみません」、「やれることは全部やった。最後まであきらめないという念いでいた。何か見えない力が働いた」と。この涙はうれし涙に違いないがその心の奥底には皆に支えられていまの自分があるという深い感謝の念が自ずとそうさせたのだろう。

 

 あれだけの怪我をおして出場に駆り立てたのは何なのか、休場しても誰もが容認するのに何故なのか。そこには綱をしめる者の使命と責任、やり抜く信念、そして観客の期待に何としても応えたいという一念が痛いほどに伝わってくる。

 

 彼にとっては怪我が痛いのではなくて休むことが痛いのだ。弱いから怪我をするのだと怪我を恥と考える。後日、いま一番やりたいことは何ですかと問われて「けいこです」と。

 

 これからさらに高みを目指すためには、大敵である怪我をしないようにということか。観客がもっとも望むことは全力死力を尽す力士の様だ。相撲に限らず、また勝敗の結果に限らず皆その様を観て惜しみない称賛をおくる。勝ち負けは時の運だが、何よりもその様が問われる。いい勝ち方わるい勝ち方、いい負け方わるい負け方、その内容の良し悪しに価値をおく。

 

 相撲は正しく国技であるが、単なるスポーツでも格闘技でもない。そこには品位品格、礼儀作法を重んじる相撲道がある。その上で心技体を通して力士の魂と魂がぶつかり合うところに観る人をして心を打つ。勝者は謙虚にして勝っておごらず、敗者は腐らず、勝者は敗者を気づかい、敗者は勝者に敬意を払う。これぞ相撲の本来の魅力だ。

 

 相撲には日本の心が宿る。日本人のもつ美と価値が土俵には凝縮される。日本人の日本人たる自覚と矜持を表わす。このことは世界に胸をはれる日本人の心の教育に結びつく。相撲道を通して大人のみならず次代を担う子供たちには格好の学びとなる。その意味で相撲協会や親方衆には広く社会的使命を念頭において強く力士たちの教育指導に注力して頂きたいと切望して止まない。推し進めるそのもとは日々のけいこにある。

 

 さて過日の第40期中期経営計画説明会のなかで年次表彰がとり行われた。その際の受賞者の皆さんの発表には深い感銘を受けた。

 

 「働きやすい職場環境づくり。何でも言える雰囲気づくり、工夫と知識による実践」、「売るとき以上にその後の手紙や電話などのフォローの大切さ、続けて頂いてさらに満足を」、「滞在時間は手短に、ニーズに適った訪問サイクルの徹底」、「フロンティアスピリットの実践」、「一日一日を大切に」、「問題があることは悪いことではない。問題に気づかないことが問題だ」、「責任者は成果の最大化を、仕事に誇りをもって皆のベクトルをあわせる」

 

 誰もが思ったことでしょう、各人とも特別なことをやっているわけではなく、ごく当たり前のことを当たり前にやっていることを。そして皆さんには常に感謝の念が人一倍強いことを。

カテゴリー:エッセー「思うままに」
思うままに No.255

   

※エッセー「思うままに」より 〜毎月更新〜

 

 営業の仕事が面白い、楽しいと感じるのは、お客様からの感謝や信頼を得るときだが、その証しの最たるものは力士と同様白星をあげることに尽きる。とりわけ新人さんの場合には早いうちに小さな成果がでるよう後押しをしてその喜びを味あわせることだ。

 

 モチベーションを高めるのは何よりも勝ち星が薬になる。少しずつ成功体験をしていくことによって良きスパイラルが作られていく。人はほんのちょっとしたことでも自信をもつようになると見違えるように伸びる。言うことなすことも変ってくる。自信が希望を作り、やる気が腕前を上げる。

 

 逆にうまくいかないことが長く続くと増々焦りや不安を助長し、自信喪失する。このちょっとした心配りが重要なポイントだ。自信と落胆は紙一重だ。経験上、おしなべて早い時期に成功体験をしていく人は後々に優秀な人材となっていく確率が高い。

 

 さて人柄もよく、マナーもよく、社歴も長く、知識も豊富なのにいまひとつ成果が上がらないのは何故か。それは一言でいえば営業の本来の目的が分っていないからだ。営業力とそれらは必ずしも比例するとは限らない。営業力とは継続して買ってもらえる力を言う。そのためにはお客様が何を望んでいるのか、その欲求と要望を探し当てることに目を皿にし、耳を立てて意を注ぐことにある。

 

 営業マンは商品の良さ(欠点も含めて)を分り易く説明し理解して頂くことにあるが問題はその先にある。購入して頂き、実際に使用して頂いてこそお役に立てる。言うまでもないがどんなに美しいものでも話だけでは分らない。実際に食べてみなければ分らないではないか。

 

 成功するにはいくつかのステップを踏むが、売れるか否かその分れ目はひとえにクロージングにかかっている。ここが営業の肝だ。いくら知識を披ろうするも肝心のクロージングに踏み込めない原因は、お客様に嫌われはしないか、悪印象をもたれはしないかという妙なためらいや不安をもつことにあるようだ。

 

 このはっきりしない態度がお客様には頼りない不安や不信感を抱かせ不調に終わる。お客様はふん切りがつかず少々惑うものだ。その際に自信をもっての一言を待っているのだ。これがお客様心理だ。

 

 商品を使用することによって得る良さをイメージして頂き、様子を観て購入の決断を促すクロージングに移ることが大事だ。この時点で営業マンは売る人から離れもうひとつの役は第三者となり、よき助言をする人にまわるよう一人二役できなければならない。重々営業の目的は商品を使って頂き良さを実感して頂くことにある。

 

 お客様が本当に期待するのは商品知識でも説明上手でもない。すすめられた商品を使うことによって得られる効果・効用や心地よさを求めているのだ。

カテゴリー:エッセー「思うままに」
思うままに No.254

   

※エッセー「思うままに」より 〜毎月更新〜

 

 若乃花以来、19年ぶりに日本人として稀勢の里関の第72代の横綱が誕生した。小生はもとよりスポーツに限らず日本人びいきというより栄光を勝ち取った者には国籍のいかんに拘らず心より賞賛を惜しむものではない。ただ今回は国技の角界に長らく日本人横綱が不在であったことにいささか寂しい思いをしていただけに率直に言って嬉しい。近ごろは学生出身の力士が増えているなか、中卒からのたたきあげが頂点に上りつめたことは大の相撲ファンの一人としてことのほか喜ばしい。

 

 田子ノ浦部屋は数々の部屋のなかでも相撲道に徹し稽古も最も厳しいと聞く。亡き横綱隆の里の鳴戸親方の指導のもと徹底徹尾、力士としての礼儀作法、心構えをたたきこまれた。

 

 「勝っても負けても表情をかえるな。相撲の美しさは勝っても負けても正々堂々の潔さにある」、「勝っておごりたかぶるな敗者に敬意を払え」と。稀勢の里関が小学生のとき作文にこう書いた。「天才は生まれつきです。もうなれません。努力です。努力で天才に勝ちます」と。

 

 じっと遠くから見守ってきた父親の談話に「これまで息子は相撲をやめたいと言ってきたことは一度たりともなかった。愚痴、弱音を吐くどころか、いつも僕は角界に入ってよかった。お父さん有難うと常々言っていた」と。念願の初優勝を決めたとき「我慢してきてよかった。腐らなくてよかった。あきらめずにやり続けてきてよかった」と。

 

 黙々と愚直にぶれない信念、変にパフォーマンスに走ることもなく仏頂面が彼らしい思いからくるところだ。立ち合いは一切逃げず正道にこだわっての真向勝負、目先の星取りに惑わされず全力を尽すその姿に相撲のだいごみを魅せてくれる。そこに感動を呼び起すほんとうの美と力が凝縮される。ファンは勝敗のみならず力士の振る舞いを観ている。土俵に上がるとき、塩のとり方まき方、仕切り、勝負の後の態度、懸賞金の受け取り方、等々力士の一挙手一投足の全力に全てにわたるものが相撲なのだ。

 

 彼にとってこれがゴールではなく、新たなスタート台に立った。横綱として強さが求められるがそれ以上に品格が大事だ。相撲道の精神、礼儀作法を重んじて力士の範となり角界を引っぱっていって欲しい。その栄えある横綱だ。またこれまでのようにケガの少ない力士として、精進して、愚直に稽古を積み重ねていって欲しい。もうひとつ腰高と脇の甘さを克服して欲しい。

 

 昇進まで長く時間がかかったということは、その分心技体の力を十分に貯えてきたということだ。この貯金を活かせればもっと高みへと上りつめていくことだろう。

 

 努力は人間のもつ諸々の能力のうちで最も価値のある高い能力だ。この能力はもって生れたものではない。あきらめずやり続けて身につく。努力こそ本物の実力だ。

カテゴリー:エッセー「思うままに」
アクセスカウンター
アクセスカウンター
プロフィール
カテゴリー
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
最新記事
QRコード(モバイル)
qrcode
リンク
ARCHIVES